対応エリア
事務所の種類
債務整理の種類
詳細検索
フリーワード

法律・法務事務所ランキング

1位 アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所は任意整理や過払い金請求と言った債務整理専門とした司法書士事務所として2007年に開設しています。テレビコマーシャルでもお馴染みかもしれません。We aim at the best of the client.(直訳で「私たちはお客様にとって最善になるように行動します」でしょうか)をモットーとして相談者1人1人に最適なプランを提案しています。東京と大阪事務所を構えており、24時間365日受付可能で全国対応しています。また女性専用のダイヤルもあり、こちらは女性スタッフが対応のため、女性の方でも気軽に安心して相談出来ると思います。特徴としては債務者のために良心的な費用設定をしているところです。減額報酬を無料で債務整理を受けてもらえるので助かりますね。また過払い金請求の初期費用は無料です。もう一つは相談は何度でも無料で受けることが出来ること、この点は大変重要になります。一般的な事務所では債務について和解が完了し依頼者と契約を終了すると、その後の連絡は事務所と債権者の間ではなく、依頼者と債権者の直接でのやり取りとなってしまいます。アヴァンス法務事務所では依頼者の生活を考えて、最終解決まで取り組んでもらえるので安心して任せることが出来ると思います。

初期費用0円
任意整理の着手金無料
任意整理の基本報酬(1社)50,000円
任意整理の減額報酬0%
個人再生の報酬280,000円
自己破産の報酬250,000円
総合評価★★★★★
フリーダイヤル0120-545-857

2位 サンク総合法律事務所(旧樋口総合法律事務所)

サンク総合法律事務所(旧樋口総合法律事務所)はアットホームな雰囲気で相談しやすく、債務整理を専門に取り扱う弁護士や司法書士が多数在籍しており、言わば債務整理のプロ集団です。
債務整理の相談は月600件以上あり、実績は十分!
この事務所は手持ちがなくても初期費用無し、分割払いができる法律事務所。借金の督促STOP、いつでもどこにいても無料で相談に応じてくれるまさに債務者のための正義の味方、プロの弁護士集団といえるでしょう。
フリーダイヤルにより全国24時間365対応しています。もちろん土日祝日夜間も相談可能です。
また男性弁護士はもちろん、女性弁護士も在籍しているため女性の相談者でも安心です。担当スタッフがじっくりと親身になって話を聞いてくれます。どこに相談すればいいか分からない方はまず無料相談してみて下さい安心できます。

初期費用0円
任意整理の着手金39,800円
任意整理の基本報酬(1社)19,800円
任意整理の減額報酬10%
個人再生の報酬要確認
自己破産の報酬要確認
総合評価★★★★★
フリーダイヤル0120-612-032

3位 東京ロータス法律事務所

弁護士法人東京ロータス法律事務所は、出来る限り自己破産をしない事を方針として、様々な借金問題の案件に取り組み、解決してきた債務整理にとても強い法律事務所です。代表の岡田優仕氏は昭和44年に弁護士を登録されて以来、40年以上にもなるベテラン弁護士です。相談内容により依頼者にメリットがほぼ無い案件に関してはお断りしています、と明言しており、その明言通り料金は弁護士事務所としてはかなり安めの水準となっています。また費用の分割払い、後払いも可能です。各地での無料相談会も実施しており、初回の相談費用を無料として、地方に住んでいてお近くに気軽に相談できる事務所がない相談者への窓口として対応しています。債務状況を具体的に話すことで、問題点が浮かび上がり、最適かつ早急に問題解決に結びつきます。ぜひ近くに頼れる法律家のつてが見つからない方、相談してみてはいかがでしょうか。

初期費用0円
任意整理の着手金無料
任意整理の基本報酬(1社)20,000円
任意整理の減額報酬10%
個人再生の報酬要確認
自己破産の報酬要確認
総合評価★★★★
フリーダイヤル0120-419-036

4位 街角法律相談所

街角法律相談所は、借金問題の相談ができる全国の法律、法務事務所を探して比較できるサイトです。サイト内の診断フォームに必要事項を記入するだけで適切な事務所を検索してくれます
借金問題というと一般にデリケートな問題で、なかなか他人に相談しにくいものです。ほとんどの方は借金問題の解決の方法としてベストなのは出来るだけ早く専門家に相談すれば最善な方法で解決してくれるということは解っています。しかし、どこに相談していいのかわからないのだと思います。また、法律・法務事務所となると敷居が高いと感じる人もいるんだと思います。
そこでオススメなのが、街角法律相談所です。匿名で相談でき、個人が特定できる情報は一切入力しなくていいので、まず利用してみるといいでしょう。しつこい勧誘もありません。少しでも借金問題で悩んでいるなら、自分が相談できる事務所はどういった事務所かを調べてください。自分で探すリスクを低減できますし、なにより少しでも安心できると思います

利用料金無料
検索エリア全国
借金問題解決率80%
総合評価★★★★

5位 ウイズユー法律事務所

ウイズユー司法書士事務所は債務整理や不動産登記等の司法書士が取り扱える業務に対応した司法書士事務所で、何といっても闇金相談に強いところです。ウイズユーでは闇金相談件数が非常に多く実績も十分あります。相談から解決まで早ければ最短1日でも可能です。
即日電話一本で融資できますよ、ブラック自己破産OK、審査なし等甘い言葉で勧誘を行う闇金業者。これらを一度利用してしまうと、高い過ぎる金利の支払いに嫌がらせを受け
家族や友人にも相談出来ずに、一人で不安を抱えてしまい、精神的にやられてノイローゼになる人も沢山いるようです。職場への連絡や度々の自宅訪問の恐怖に怯えながら、というとストレスは計り知れないでしょう。闇金問題に経験豊富な司法書士が法的に解決します。早く借金問題を解決したい方はまず無料相談をしてみましょう。

初期費用0円
任意整理の着手金無料
任意整理の基本報酬(1社)50,000円
任意整理の減額報酬0%
個人再生の報酬30万円~
自己破産の報酬25万円
総合評価★★★
フリーダイヤル050-3187-9338

5位 ふづき法律事務所

ふづき法律事務所は債務整理の専門で、借金問題を数多く取り扱ってきた弁護士事務所です。代表の山下重幸氏は非常に親しみやすい人柄で、座右の銘が笑う門には福来たる、の言葉通り事務所はいつも笑顔であふれた、相談者にとって利用しやすい事務所になっています。最短即日督促取立ストップはもちろんのこと、経験が豊富なため減額できる金額も
他と比べて2倍近くにもなる可能性があります。また手持ちが無くても手続きは可能で、費用の後払い分割払いも出来ます。24時間365日全国対応でフリーダイヤルにより通話料は無料、何度でも何時間でも相談は無料です。夫や親、自分以外の家族の借金でも相談可能なところも特徴です。給料の多くを返済に充てていたり、借りたり返したりを繰り返している方何年も借金が減っていかない方、必ずその苦しみから解放される道があります。
借金がストレスになる前に、今すぐにでも無料相談してみてはどうでしょうか。

初期費用0円
任意整理の着手金39,800円
任意整理の基本報酬(1社)19,800円
任意整理の減額報酬10%
個人再生の報酬30万円~
自己破産の報酬20万円~
総合評価★★★

法律・法務事務所 目的別ランキング

 

 

債務整理の種類

債務整理と聞いたら、「自己破産」というイメージを抱く方も多いかもしれませんが、自己破産は債務整理の中に含まれる一つの選択肢であって、債務整理イコール自己破産ではありません。

債務整理は、大きく分けて以下の4種類に分けられます。

任意整理

司法書士・弁護士を通じて、債権者と交渉し、借金の金額を減らしたり、今後の金利をなくしたるすることが出来る手続きです。

裁判所を通す必要がないので、比較的手続きが簡単、かつ受ける社会的な制約も少ないため、最もよく利用される方法です。

特定調停

債権者と借金の返済に関して、交渉を行なっていく手続きです。そういった意味では、任意整理とも似ています。

ただ、簡易裁判所を介するという点が任意整理とは大きく違います。

個人再生

自己破産のようにすべての債務を免責してもらうところまではいきませんが、債務を大幅に免責(約5分の1)してもらうための手続きです。

また返済の計画案が裁判所に認可され、それまでにきちんと借金を返せば、債務の精算が完了となります。

自己破産

裁判所に申し立てをして、すべての借金をゼロにしてもらう手続きです。

借金から解放されるという意味では良いのかもしれませんが、財産を処分したり、職業の規制があったり、社会的な制約が多い為、最後の手段とも言えるでしょう。

債務整理といっても、このようにいろいろ種類があるので、法律の専門家に相談をしながら、自分にあったやり方というものを見つけていって下さい。

債務整理の種類別比較表

過払い金任意整理個人再生自己破産
借金返済義務ありありなし
ブラックリスト載らない載る載る載る
官報に掲載されないされないされるされる
破産者名簿載らない載らない載らない載る
家族に内緒出来る出来る出来ない出来ない
会社に秘密出来る出来る出来る出来る
マイホーム残せる残せる残せる差押え
  • 任意整理、特定調停、個人再生は、借金を減らしてもらう手続き
  • 自己破産は、借金を帳消し(チャラ)にしてもらう手続き
  • 過払い金請求は、過去に払い過ぎた利息を返してもらう手続き
未完済の場合は、任意整理手続きの一環で過払い金請求を行います。

元々は、返すつもりで借りたお金でも、病気ケガリストラ収入減パチンコ中毒FX、理由は何であれ、借金が返済できなくなってしまった事情は人それぞれ違います。

返したくても返せなくなった時は、借金問題を合法的に解決(返済金額を減らしてもらう借金を全額チャラにしてもらう)することが出来る債務整理を検討したほうが良いでしょう。

借金の返済義務

借金の返済義務がない(全額返さない)のは、自己破産だけです。不動産や財産がある場合は、手続きに時間がかかります。任意整理や個人再生は、借金を免除する手続きではなく、返済金額を大幅に減らして、債務者の生活を立て直すための制度です。

債務整理 ブラックリスト

債務整理の相談で1番多いのがブラックリストに載るのか?気にされている方が多いですが、債務整理した場合、ブラックリストに掲載されます。個人信用情報に事故扱いで記載されるので、5年から7年間は、新たに借り入れすることは出来なくなります。また、クレジットカード作ることや、更新が出来なくなります。

債務整理 官報

個人再生や、自己破産した場合、官報に記載されます。官報とは国が発行している広報誌で、直近1ヶ月分は無料でインターネットで閲覧することができ、過去の情報でも有料で調べることが可能です。

債務整理 破産者名簿

自己破産した場合、破産者名簿に記載されます。記載される期間も破産手続きが終わるまでの間だけです。役所の人間が公的書類を発行する時に、破産者かチェックするために使う名簿で、誰でも閲覧できるものではありません。

債務整理 家族に秘密

過払い金請求や任意整理の場合、裁判所を通さずに行うので家族に知られずに出来ますが、特定調停、自己破産、個人再生は、家計の支出状況や、世帯全員の収入証明書が必要なので、家族に内緒にしておくことは難しいです。

債務整理 会社にばれる?

基本的には、どの債務整理の方法でも勤務先に知られることはありませんが、社内融資を受けている(会社から借金している)場合は、その限りではありません。個人再生、自己破産はバレてしまいます。過払い金請求や任意整理で勤務先にバレる心配はありません。

債務整理 マイホーム

債務整理でネックになってくるのが持ち家で、自宅だけは守りたいと願う方が多いです。民事再生(個人再生手続き)の住宅ローンに関する特則(住宅ローンの返済方法を変更して住宅を維持する制度)を利用すれば住宅ローン以外の借金だけ整理することが出来ます。

債務整理 車・バイク

自動車やオートバイなど、自己破産した場合、差し押さえになります。任意整理の場合、ローンが残っている場合でも残すことは可能ですが、個人再生の場合、支払いの残っている時は、差し押さえになります。

債務整理 就職への影響

債務整理した場合、就職活動に影響があるのか?気になる部分だと思います。中小企業では信用調査まで行う会社は少ないですが、大手企業は選考段階で信用調査を行う場合があり、それが原因で不採用になるケースがあるようです。

債務整理 資格制限

債務整理した場合、資格制限が出て来るのは、自己破産申し立てを行った場合のみです。警備員や生命保険募集人など一時的に職に付けなくなります。任意整理や民事再生手続きを行っても影響はありません。

債務整理 海外旅行

自己破産したら海外旅行には行けなくなる。そう思っている方が多いみたいですが、破産手続中に、現在の住所地から長期間離れる際には、許可がいりますが、自己破産しても海外旅行へ行くことに問題はありません。

債務整理の種類と特徴

任意整理の特徴

任意整理は裁判所を通さずに司法書士や弁護士が債務者の変わりに債権者と交渉して借金額を減らしてもらう手続きです。また消費者金融からグレーゾーン金利(不当な金利)で借りいている場合など、借り入れした時点からの取引履歴を元に、引き直し計算します。

任意整理とは?
任意整理のメリットとデメリット
任意整理手続きの流れ
任意整理の費用

過払い金請求の特徴

過払い金請求は、わかりやすく言えば、消費者金融やクレジット会社に払い過ぎた金利を取り戻すための法律で認められた手続きです。2010年より以前に借りていた人は、グレーゾーン金利(利息制限法の上限金利を超えた金利)で借りているので、既に完済している方でも、まだ返済している方でも、過払い金が発生している可能性が高いです。

過払い金とは?
過払い金が発生するケース
過払い金の引き直し計算

自己破産の特徴

自己破産は、膨れ上がった借金を免除してもらうための手続きです。裁判所に免責が認められると、借金が0円(帳消し)になります。離婚の養育費や、税金などは対象外になります。

自己破産とは?
自己破産のメリットとデメリット
自己破産手続きの流れ
自己破産の費用

個人再生の特徴

個人再生の手続きには、小規模個人再生(債権者の同意が必要)と、給与所得者等再生(債権者の同意は不要)があります。住宅ローンに関する特則があるので、自己破産とは違い、マイホームを手放なさずに借金整理することが可能です。

個人再生とは?
個人再生のメリットとデメリット
個人再生手続きの流れ
個人再生の費用

特定調停の特徴

特定調停手続きは、借金の返済ができなくなった債務者が、『もう払えませんから助けて下さい』と簡易裁判所にお願いすること(申し立て)で、債権者(お金貸した側)と債務者(お金借りた側)の間に入って仲裁してもらう方法です。

特定調停とは?
特定調停のメリットとデメリット
特定調停手続きの流れ

コメントは受け付けていません。