夫婦が債務整理を行うと影響はある?

結婚している人が債務整理を行った場合、夫婦ともども悪影響が出るのではないかと不安視する人もいます。

債務整理に興味があるけれども、実際の手続きに踏み込めないと思っている人もいるでしょう。その中の一つに結婚している人で、相手に債務整理の手続きをしたことで悪影響をもたらすのではないかという懸念です。しかし夫が債務整理をすることで、妻の信用情報に傷のつくようなことは一切ありませんので心配する必要はありません。

夫婦といっても、それぞれが独立した個人であると考えられます。夫が債務整理をすれば、夫の信用情報には事故情報が登録されてローンやカードを作ることはできないでしょう。しかし妻の信用情報は一切傷はつきません。よって信用力が十分であれば、カードローンを組むとか、クレジットカードを作ることも問題なくできます。

中には自分が債務整理する前に妻に影響の出ないように、離婚しなければならないと考えている人もいるかもしれません。別に債務整理をするにあたって離婚する必要は一切ありません。債務整理はあくまでも債務者の人生のリスタートをサポートするためのルールで、家庭を破壊するようなものではありません。

ただし、たとえば夫がクレジットカードを持っていて、妻が家族カードを持っていたと仮定します。もし夫が債務整理をすれば、夫の信用情報に傷がついてクレジットカードの利用ができなくなります。家族カードはあくまでも主幹は夫のクレジットカードになります。よって家族カードも利用できなくなって、夫婦でカードショッピングできなくなるといった影響を及ぼす可能性はありますので注意しましょう。

コメントは受け付けていません。