返済中に過払い請求すると債務整理になる可能性も

長期的に返済をしている人の中には過払い金の発生している可能性があります。ただし返済中に過払い金返還請求をすると、債務整理扱いにされます。

過払い請求の話はしばしばメディアなどでも紹介されています。過払い金返還請求をする場合、すでに完済した借金に関する過払い金であれば別に問題ではありません。しかし返済中に過払い金返還請求をする場合には注意したほうがいいです。債務整理扱いになって、信用情報にブラック情報が記載される可能性もあるからです。

ただし返済中に過払い請求をすれば、どのような場合でも信用情報に傷がつくわけではありません。過払い金を受け取って、それで借金の返済をして完済できればブラック情報が信用情報に記載されることはありません。一方で過払い金を受け取って、それを使って借金返済してもまだ債務が残る場合もあります。このときは債務整理をしたことにされ、信用情報に事故情報が記載されます。今後ローンを組んだりクレジットカードを作ったりすることができなくなります。

もし返済中に過払い金請求をするのなら、過払い金がどの程度発生しているのか利息の引き直し計算をすることです。そして過払い金と残高を比較して、今過払い請求をしても問題ないか判断しましょう。弁護士や司法書士事務所に相談すると、この利息の引き直し計算をしてくれます。そして過払い金の額を見て、どのようにして債務整理を行うかを決めます。過払い金だけで完済できない場合、自分で残債を返済できないようであれば、ブラック情報が記載されても債務整理をしたほうがいいでしょう。借金問題を抱えている人はいずれにせよ、一度専門家のアドバイスを受けるのがお勧めです。

コメントは受け付けていません。