債務整理の4つの方法を理解しよう

借金返済できない人の救済策として債務整理があります。債務整理の方法の中には、4つの方法があって人によってどの方法がベストかも違ってきます。

債務整理は借金の返済の出来ない人にとっての救済措置です。債務整理にはその中でさらに4つの方法があります。状況によって、どの方法がベストかは違ってきます。弁護士や司法書士に相談して、どの方法で問題解決するのがベストか考えましょう。

任意整理は、債権者と直接話し合うことで借金の返済額を見直す債務整理の方法です。もし過払い金が発生していれば、その部分は元金返済に充当されます。結果的に借金を圧縮できる可能性もあります。任意整理後の返済は、金利ゼロになることが多いです。

特定調停は、任意整理を裁判所で行うスタイルと思ってください。債権者と債務者が直接交渉するのではなく、簡易裁判所で調停委員が間に入って今後の返済計画を立てていく方法です。

個人再生は、マイホームを持っていて債務整理をしても手放したくない人にお勧めの方法です。住宅ローン以外の債務を整理する方法で、債務を1/5に圧縮できます。1/5の債務を向こう3年間で完済できれば、残りの債務の返済をする必要がなくなります。

自己破産は一般の人でも耳にしたこともあるかもしれません。自己破産とは、自分の所有する財産をすべて債権者に処分します。それでもまだ債務が残った場合には免責、つまりチャラにできる債務整理の方法です。すべて財産を処分するといっても、家財道具などの身の回りのものは手元に残せます。決して身ぐるみはがされるわけではありません。どの方法がベストかをまずは弁護士や司法書士に相談しましょう。

コメントは受け付けていません。