自動車のローンが残っている…債務整理をするとどうなる?

マイカーを持っていて購入する際にローンを組んでいる人で、債務整理を検討している人もいるでしょう。この場合、自動車はどのように処理されるか心配な人も多いでしょう。

マイカーを持っていて、自動車ローンが残っている、でもほかの借金の返済が厳しいので債務整理したいと思っている人もいるでしょう。この中で、マイカーは日々の移動手段になっているのでできることなら愛車は手放したくないと考えている人はいませんか?その場合には債務整理の中でも任意整理による問題解決を検討すべきです。

任意整理の特徴で、整理をしたい債務とそのままでいい債務を、債務者のほうで自由に決められます。つまり自動車を引き続き持ち続けたいので自動車ローンは整理対象から外したいと思えば、対象外にできます。そうなれば今まで通りの条件でローンを返済して、その返済が滞らない限り皆さんの愛車は引き続き皆さんの手元に残り続けます。

個人再生はマイホームを残すことはできますが、自動車は整理対象になります。この場合、所有権留保のかかっている車であれば、整理対象になります。所有権留保は聞きなれない言葉かもしれません。簡単に言えばローン返済期間中、所有者がローン会社もしくはディーラーになっている車のことです。車検証を見れば、所有者欄があって自分の名前でなければ所有権留保になります。

自己破産をした場合には、基本的に所有権留保の有無に関係なく自動車は失われると思ったほうがいいです。自動車は財産の一部になって、売却益で債権者に渡さないといけないからです。ただし自動車を査定した結果、20万円に満たなかった場合には引き続き保有することが認められます。

コメントは受け付けていません。