債務整理の中の任意整理で和解できないケースはある?

債務整理の中の任意整理は、債権者側と債務者側が直接協議して今後の返済計画を進めます。しかし中には両者の意見がまとまらず、和解できないこともあります。

債務整理の中でも任意整理は、債権者側と債務者側が、今後の返済計画について直接協議する方法です。裁判所を間に入れないので、スピーディに借金問題の解決する公算が高いです。両者の間で話がまとまれば和解となります。しかしなかなか意見がまとまらず、和解できないケースもあります。

たとえば債権者の中に、債務者に対して融資をしてから間もないケースが多いです。融資をして間もない場合、利息もほとんど受け取れていないでしょう。そのような中で債務整理に応じてしまうと、ほとんど利益が出ないことになります。通常任意整理後の返済計画では、利息を取らないことが条件となるケースも多いからです。そもそも任意整理の話を持ち掛けても応じてもらえない可能性もあります。また社是として「なにがなんでも任意整理には応じるな」という貸金業者も一部にはいます。

ただしほとんどの場合、任意整理の話し合いのテーブルに債権者はやってきますし、妥当なラインで話をまとめるものです。もし任意整理で和解できない場合には、債務者はおそらく自己破産や個人再生の手続きをするでしょう。こうなってしまうと自分たちの貸し付けた債権を回収できなくなる恐れがあります。自己破産をされてしまうと借金はチャラになってしまうので、貸金業者の損失は大きくなります。そのような最悪の状況になるくらいであれば、利息カットなどの条件に応じて任意整理の和解を決めてしまったほうがマシ、となるわけです。

コメントは受け付けていません。