債務整理の相談を専門家に・行政書士はどう?

債務整理をしようと思っている人は、専門家にまずは相談することです。専門家は弁護士や司法書士で、行政書士は含まれないので注意しましょう。

債務整理は複雑な手続きもありますし、4つの方法があって人によってベストの選択肢が異なります。ですからどのように債務整理の手続きをすればいいか、専門家に相談しましょう。債務整理の専門家は一般的には弁護士や司法書士がいます。行政書士にも相談はできますが、具体的に債務整理の手続きをお願いすることはできないので注意しましょう。

行政書士の中にも、借金問題に関する専門的な知識を持っている人もいます。そのような人に相談をすれば、相談者の置かれた状況に応じて、適切なアドバイスをしてくれるかもしれません。また行政書士は債務整理の時に必要になる書類などの作成も代行してくれます。債権者側に対して、取引履歴の開示請求を行うことも可能です。債務整理の手続きのサポート的なところまでなら対応できます。

ただし行政書士の場合、基本的に債務整理の実際の手続きはできない事実は頭に入れておきましょう。たとえば債務者の代理人になって、任意整理の交渉を債権者側と行うことはできません。行政書士に相談して、債務整理の手続きを実際に始めるのであれば、行政書士に弁護士・司法書士を紹介してもらうか、自分で探さないといけません。

行政書士の中には借金問題の専門知識を持っている人もいます。しかし本当に債務整理をするのであれば、二度手間になりかねません。そう考えると、最初から弁護士か司法書士に相談をしたほうがスムーズに債務整理の手続きも進められるでしょう。

コメントは受け付けていません。