債務整理の担当者を外れてもらう・その場合には辞任通知を発送する

債務整理をするにあたって、弁護士や司法書士に代理人依頼をするでしょう。しかしその後何らかの問題があって代理人が辞める場合には、辞任通知を送ります。

債務整理を弁護士や司法書士に依頼する場合、債権者に受任通知を送ります。受任通知を受け取った段階で、債権者は債務者にコンタクトをとることができなくなります。そしてあとは代理人である弁護士や司法書士に債務整理の手続きをお願いします。しかし中には、債務整理を依頼した弁護士・司法書士が代理人から外れることもあります。この場合には、今度は辞任通知というものを送付します。

ところで依頼したのに途中で辞任するケースとしてどのようなことがあるでしょうか?いろいろなケースが考えられますが、債務者と弁護士・司法書士との間に何らかのトラブルの発生した場合があります。たとえば債務整理によって返済計画を組み立てなおした後で、延滞している、その状態が続いていて連絡が取れなくなってしまうケースです。

また任意整理をした後に債務者が滞納すると、返済計画の作り直しをしなければなりませんし、債権者の了解をとる必要があります。そうなると事務手続きも煩雑になって、代理人の手間も増えます。結果「もう続けられない」ということになって辞任通知を送ることがあります。

この場合には、また別の弁護士・司法書士を見つけてくる必要があります。見つからないのであれば、自分で債権者に対応しなければならなくなります。また当初は分割による返済を認めていますが、滞納すれば期限の利益は喪失したものとみなされ、一括返済を請求されるでしょう。辞任通知を送付されないように、返済計画に基づいてお金を返すように心がけましょう。

コメントは受け付けていません。