借金問題は債務整理で解決する・できないケースがある?

借金が自分の返済能力を超えている場合、債務整理で問題を解決する方法があります。しかし一部債務整理のできないケースもありますので注意しましょう。

債務整理にはいくつかの種類があります。しかしそれぞれの手続きについて、債務整理できる人とできない人が出てきます。

例えば任意整理の場合、借金を圧縮できる可能性があります。しかし借金減額できても、基本的に返済を続けないといけません。もし返済継続できないようであれば、任意整理による債務整理ができなくなります。一般的に向こう5年間で金利なしの条件で返済できるかどうかが目安になります。

個人再生はマイホームの住宅ローンが残っている場合、それを切り離して他の債務を圧縮できる債務整理の方法です。住宅ローンの返済ができれば、引き続きマイホームで暮らし続けることも可能です。この個人再生は債務額の上限が設定されています。住宅ローン以外の債務総額が5000万円以上ある場合には手続きができません。またこの個人再生も、圧縮した債務を3年間で返済することが条件です。3年で返済できない場合には、個人再生による債務整理は難しくなります。

最終手段として自己破産があります。身の回りの財産以外をすべて債権者側に処分して、それでも残る債務はチャラにする債務整理の方法です。自己破産も手続きできないケースもあります。例えば複数の債権者がいて、一部だけ自己破産手続き後も返済を続けている場合です。債権者に平等に財産を分配することが原則になっているので、平等を犯している以上、免責が認められないのです。

このように債務整理できない人もいますので注意しましょう。どの方法で整理するのが良いのか、弁護士などの専門家に相談するのがオススメです。

コメントは受け付けていません。