生活を立て直したい人が最初にやるべきこと!

生活を立て直したい方が利用できる方法はいくつかあります。

しかし、そこで気を付けなくてはいけないのは順番です。

順番を間違えると、いつまで経っても生活苦から抜け出すことは出来ません。

公的機関を利用する方法などもありますが、そこで支援制度を利用できても、もし消費者金融などからの借金が多いと、新たなスタートを切るのは難しくなります。

生活を立て直すための第一歩は、まず目の前の借金を何とかすることです。

借金の返済に行き詰まってしまった場合は、まず、このようなサービスを通じで、法律の力で借金を減らしたり、チャラにしたりするところから始めて下さい。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

借金地獄に陥っていった主婦のお話

私が働いていた弁護士事務所に、多重債務に陥ってしまった主婦の方が来られたことがありました。

別にショッピングをして買い物依存症になった訳ではなく、ただ単に出費がかさむ中、夫の会社の業績が振るわず、減給されてしまい、収入が減ってしまっていたのです。

お子さんは、まだ小さくて、自分が働こうとしても、子どもを保育園に預けることが出来ないので、パートタイムぐらいしか出来ず、結局、生活費が足らなくしまいました。

そこで、やむを得ず、クレジットカード会社や、カードローンの会社からお金を借りるようになってしまったというのです。

しかし、家計のやりくりはうまくいかず、じわりじわりと借金が増えて行きました。

借金の返済を借金でカバーする生活を繰り返していく内に、気が付けば家計は火の車、結局、多重債務に陥ってしまったというのです。

その方は、そこで初めて、社会福祉協議会に相談をして、貸付基金、生活福祉資金や教育支援基金などを利用しようとしました。

しかし、借金自体が200万円以上になってしまっていたので、そこから何とかしなければ、どうしようも出来ないことに気が付いたのです。

それでも何とか生活を立て直したい切実な思いで、こちらの弁護士事務所を訪ねてこられたのです。

生活を立て直すためのプロセス

相談を受ける中で、まずは借金自体を何とかするため、債務整理を行なうことになりました。

債務整理と言ってもいろいろありますが、その中でも任意整理であれば、裁判所を通す必要がないため、手続きも比較的楽に行なうことが出来ます

その主婦の方もご主人には出来るだけ迷惑は掛けたくなかったので、任意整理を希望されました。

任意整理を行なうと、利息の再計算によって、借金の総額を減らしたり、また将来的な利息をゼロにして、月々の返済額もグッと減らしたりすることが出来ます。

ちなみに任意整理を行なう場合は、最低限の収入が必要なのですが、その主婦の方は、パートタイムの仕事を行なっていたので無事に対応することが出来ました。

借金問題を解決できるメドが立てば、生活自体が楽になりますし、気持ち的にも余裕が生まれてきます

そこから、住宅支援や就労支援を効果的に利用しながら、生活を立て直すことに成功したのです。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

生活を立て直したい場合、ご主人に相談することも大切ですが、法律の専門家である弁護士へ相談すると現実的な解決策を提案してもらえるのでオススメです。

コメントは受け付けていません。