パチンコが理由の借金…債務整理はできる?

パチンコが原因で借金がかさみ、債務整理を検討している人はいませんか?そのような理由でも債務整理の手続きを行うことは可能です。

カジノ法案が国会に提出されて注目されているものに、ギャンブル依存症があります。パチンコなどにハマってしまい、どんどんお金をつぎ込んで借金までしてしまう人もいます。日本にカジノを作ったら、ギャンブル依存症の人が増えるのではないかという懸念も指摘されています。もしパチンコなどで借金が膨らんでしまって自分ではどうすることもできないレベルに達しているのなら、債務整理を検討しましょう。債務整理は借金するに至った事情に関係なく行える手続きです。

債務整理の中には4種類の方法があります。基本的にどれでも手続きはできます。それぞれで置かれている状況は異なりますから、弁護士や司法書士のような専門家に相談して、自分にとってどの方法で問題解決するのがベストか、アドバイスを受けましょう。

債務整理の中の一つに、自己破産があります。自己破産は借金がチャラになる債務整理です。しかし自己破産には免責不許可事由と言って、チャラにならない項目が用意されていて、その中の一つにギャンブルが含まれています。よってパチンコが原因の借金では自己破産できないのでは、と思う人もいるでしょう。

しかし自己破産の場合、裁量免責が認められています。裁量免責とは、裁判官の判断で免責にできるというものです。ギャンブルが理由の借金でも、裁判官が事情を汲めば免責を認めてくれるケースもあります。このような点も踏まえて、専門家にどの方法で債務整理するのが良いのか相談してみることです。

コメントは受け付けていません。