近頃よく聞く債務整理ってそもそも何?

債務整理という言葉をどこかで聞いたことのある人も多いでしょう。借金問題を解決する手段となんとなく知っていても詳しいことはわからないという人はいませんか?

債務整理という言葉をメディアで耳にしたことがあるという人もいるでしょう。債務整理とは文字通り、債務である借金を整理する方法のことです。多額に借金を背負って、首の回らない状態に陥っている人もいるでしょう。自分の返済能力を超える債務超過の状況に陥っている人に、再チャンスを与えるための措置と考えましょう。

債務整理には、任意整理と特定調停、そして個人再生に自己破産という4つの手段があります。その方法で借金を整理するか、人によって変わってきます。通常債務整理は弁護士や司法書士に依頼します。彼らが債務者の置かれている状況、どのように借金問題を解決したいか、要望を聞いてベストの方法で手続きを進めます。

かつて多くの貸金業者では、利息制限法を超え出資法以内にとどめるグレーゾーン金利で利息を受け取っていました。しかし裁判で利息制限法を超える部分の利息は違法ですべて無効という判断が出ました。その結果、利息制限法を超えた利息は過払い金として返還請求できるようになりました。弁護士や司法書士は利息の引き直し計算を行い、もし過払い金が発生しているようであれば、過払い金の返還請求もしてくれます。

債務整理をすることで、債務を圧縮する、今後の返済を金利ゼロにするなどで返済負担を軽減できます。また、中にはどうやっても返済できないケースもあるでしょう。その場合は自己破産手続きをすれば、借金をチャラにできます。もし返済ができなくなっているのであれば、債務整理の相談を専門家にしてみることです。

コメントは受け付けていません。