借金が160万円…債務整理を行うべき?

借金が160万円に膨らんでしまって、返済が厳しくなっている人はいませんか?その場合には債務整理によって問題解決することも視野に入れましょう。

借金を抱えていて、返済が厳しいという人も多いでしょう。もし返済が滞るのであれば、債務整理による問題解決を検討すべきです。では債務整理をすべき判断基準はどこで設定すればいいのでしょうか?一般的に年収に占める借金総額の割合で判断されます。借金総額の年収に占める割合が1/3を上回っているようであれば、債務整理を検討した方が良いです。借金総額が160万円の場合、480万円未満の年収しかなければ、いずれ返済に行き詰る可能性は高いです。

この年収の1/3の債務は、貸金業法の総量規制と同じ基準です。貸金業法の総量規制では、年収の1/3を超えて個人に貸付を行ってはならない決まりになっています。なぜ1/3になったのか、それは過去のデータに基づいています。債務完済できるかどうかの境界線が、1/3だったためです。

もし早い段階で債務整理について弁護士や司法書士のような専門家に相談すれば、いろいろな選択肢を残せます。債務整理の中でも比較的簡単に手続きの進められる任意整理によって、問題解決もできるかもしれません。

過去に実際にあった事例によると、160万円の債務を抱えた人が任意整理をしたケースがあります。その人の任意整理の返済計画によると、月5万円を今後3年かけて返済していくものでした。月々5万円は決して安くはないでしょうが、月収20万円を超える稼ぎがあれば、家計をやりくりすることで何とか捻出できるでしょう。もし今の借金返済がきつくなっていれば、債務整理を相談すべきタイミングにあると思っていいでしょう。

コメントは受け付けていません。