債務整理の任意整理・返済期間は3年が目安

任意整理は返済計画の見直しを行います。このとき、だいたい3年をめどに借金返済できるような計画を立てます。

債務整理の中の一つ・任意整理は債権者側と債務者側が直接話し合いすることで、今後の返済計画を決めていきます。裁判所を通すことなく手続きができるので、スムーズに借金問題を解決できます。この任意整理ですが、向こう3年間で完済できるような計画を立てるのが一般的です。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

なぜ3年をベースにして返済計画が立てられるか、それは債務整理の別の方法である個人再生が関係しているからです。個人再生を見てみると、3年間での圧縮された債務の返済を一つの基準としています。また3年以上経過してしまうと、債務者の環境がいろいろと変化する可能性が考えられます。家族構成が変化することもあるでしょうし、仕事の環境が変わる可能性もあります。すると当初約束された返済ができなくなってしまう恐れも出てきます。確実に計画通りの返済をしてもらうためには、3年以内とするのが妥当なわけです。

では任意整理をした場合、必ず3年で返済しなければならないのかというとそうでもありません。任意整理は債権者側と債務者側の話し合いによって、返済計画が進められます。双方が納得できれば、別に返済期間3年にとらわれることもないです。実際、3年を超える返済期間で和解した事例もあります。

しかし専門家などに話を聞いてみると、任意整理をする場合はそれでも5年が最長の返済期間と考えている人が多いようです。5年で完済できないようであれば、任意整理以外の方法で債務整理を考えていく必要があります。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

コメントは受け付けていません。