債務整理から7年経過・ローンやカードを組める可能性は?

債務整理をすると事故情報が登録され、カードやローンが利用できなくなります。しかし7年も経過すれば、事故情報のなくなる可能性が高いです。

借金問題を抱えていて、自分では返済できない場合には債務整理するのがお勧めです。しかし債務整理をした場合、デメリットもあることも頭に入れておく必要があります。その中でも大きいのは、信用情報に事故情報が登録されてしまう点です。事故情報が載っていると、クレジットカードも各種ローンも利用できなくなります。

この事故情報ですが、一回載ってしまうと一生消えないわけではありません。事故情報がなくなれば、その痕跡は一切残りません。ですからクレジットカードを作ることも、ローンを組むこともできます。では事故情報が消えるまでどのくらいの期間がかかるのでしょうか?これは信用情報機関によって異なります。

だいたい債務整理をした場合、57年もすれば事故情報はなくなると思っていいです。ですから債務整理をしてから7年も経過すれば、カードやローンを利用できる状況になる可能性は高いです。債務整理をすれば、長い期間ローンを組めませんし、新規カードを作ることはもちろん、カードを持っている人は遅かれ早かれ使えなくなります。しかし7年間我慢すれば、また利用できる可能性があります。

7年経過したといっても、具体的な月日でいつから事故情報がなくなるかわからないでしょう。個人信用情報は、開示請求ができます。もし自分の事故情報がなくなっているかどうか心配であれば、カードやローンの申し込みをする前に信用情報の確認をしておきましょう。そうすれば、申し込んで審査落ちしてしまうリスクを回避できます。

コメントは受け付けていません。