債務整理をすればアパートを出ていかないといけない?

アパートなど賃貸物件に住んでいる人の中には「債務整理をすると追い出されてしまうのでは?」と思う方もいるでしょう。しかしアパートを追い出されることはまずありません。

債務整理に興味があっても、実際の手続きに関しては躊躇するという人も多いです。いろいろと心配事があるでしょうが、その中でも「住んでいるアパートから追い出されてしまうのではないか?」という懸念はしばしば耳にします。結論から言いますと、債務整理をしたからといって今住んでいるアパートを出ていかざるを得なくなることはまずありません。

債務整理をした事実は、相手の債権者のほかには信用情報を見ない限り大家さんなどは知ることはできないです。信用情報は当人以外にも、クレジットカード会社や貸金業者などしか閲覧することはできません。つまり皆さんが債務整理をしたことを、大家さんは知ることはできないはずなのです。よって債務整理を理由に大家さんから「出て行ってくれ」といわれることはあり得ません。

ただし一部例外がありますので注意しましょう。たとえば賃貸契約を交わすにあたって、保証会社の保証が必要なアパートもあります。保証会社の場合、皆さんの信用情報を参照する可能性はゼロではありません。もし事故情報が登録されていれば、入居などの審査に引っかかる可能性があります。当面は大丈夫でも、契約更新する際に信用情報を確認する可能性があります。

もし保証会社の保証を受けている場合には、少し注意したほうがいいでしょう。特に信販系の会社が保証会社になっている場合には、要注意です。このような問題についても、弁護士や司法書士に相談しておくといいかもしれません。

コメントは受け付けていません。