カーローン支払い中に債務整理・愛車は奪われる?

カーローンを組んでいて返済の途中で借金返済が厳しくなり債務整理したとします。この場合、愛車は手放さざるを得ないのかについてみていきます。

債務整理をしようと思っている人の中には、自動車購入時にカーローンを組んでいて、その返済が終わっていないというケースもあるでしょう。もしこの段階で債務整理の手続きを進めると、場合によっては愛車を手放さないといけなくなるかもしれません。カーローンが完済できていない人は車検証をチェックしましょう。すると所有者の名義が皆さんではなく、ディーラーや信販会社になっているはずです。つまりカーローンを組んでいる期間は皆さんが自由に自動車を乗り回しているものの、持ち主ではないのです。完済すれば、所有者の名義が初めて皆さんになります。

もしこの状態で債務整理してしまうと、ディーラーや信販会社は皆さんのマイカーを取り上げてしまうでしょう。しかし債務整理の中でも、任意整理による手続きをすれば、愛車を取り上げられる事態を回避できます。任意整理は任意で、どの債務を整理するかこちらが自由に取捨選択できるようになっているからです。

たとえばカーローン以外の借入先があって、カーローン以外の債務を整理して返済の負担を軽減するといった芸当もできます。こうして、カーローンは今まで通りに返済を続けていければ、愛車を引き続き乗り回すことは可能です。カーローンの返済が終了すれば、文字通り所有者も自分となります。ただしカーローンそのものの返済が厳しくなっているようであれば、愛車は手放さないといけなくなるかもしれません。まずは弁護士や司法書士に相談して、ベストの債務整理の方法を検討しましょう。

コメントは受け付けていません。