債務整理の手続きを始めた後で気が変わった・キャンセルはできる?

債務整理の手続きを弁護士などに依頼して、その後気が変わった、どうも相手との相性が悪いということでキャンセルしたいと考える人もいるでしょう。

債務整理の手続きは通常弁護士や司法書士に依頼するのが一般的です。しかし実際に依頼をした後になって、やっぱり気が変わった、どうも依頼先の専門家とウマが合わない、手続きの進め方に不信感が出てくることもあるかもしれません。その場合、あとになってキャンセルすることはできるのでしょうか?

債務整理の依頼をした後で、希望すればキャンセルすることは可能です。通常、サービス利用するための予約をして途中でキャンセルするとキャンセル料の発生することがあります。弁護士に依頼した場合もキャンセル料が発生するのではないかと思っている人もいるでしょう。しかしまともな弁護士事務所であれば、キャンセル料を別途で請求されることはないでしょう。ただし注意したいのは、弁護士の中には債務整理の依頼をするにあたって、着手金をとっているケースがあります。もし着手金をすでに支払っているのであれば、キャンセルしても戻ってこないと思ったほうがいいでしょう。

弁護士などに債務整理の依頼をした場合、受任通知が債権者側に送られます。この受任通知を受け取ると債権者側はどのような手段を使っても債務者に接触することができなくなります。しかし弁護士が代理人を下りたとなると、債権者の催促や取り立てが復活してしまいます。そこですぐに弁護士や司法書士を探して、手続きをお願いする必要があるでしょう。キャンセルにならないように弁護士などに仕事の依頼をする際には、あらかじめ十分納得いく説明を求めることが大事です。

コメントは受け付けていません。