債務整理をすると持っているクレジットカードは使える?

債務整理をしようと思っている人の中に、クレジットカードを持っている人もいるでしょう。このカードを引き続き使えるかどうかについて検証します。

債務整理のデメリットとして、信用情報に事故情報が登録されてしまうというものがあります。事故情報が登録されると、ローンを組むことも新たにクレジットカードを作ることもできなくなると思ったほうがいいです。ところで債務整理しようと思っている人の中には、すでにクレジットカードを持っている人もいるでしょう。この場合、債務整理するとこのカードが使えるのかという問題が出てきます。

債務整理の手続きをして、すぐクレジットカードが使えなくなることはありません。しばらくの間はクレジットカードを使ってショッピングできるでしょう。ただし遅かれ早かれ、お手持ちのカードを使ってショッピングやキャッシングはできなくなると思ってください。

では具体的にいつになったら持っているカードが使えなくなるかですが、これはカード会社によってまちまちです。クレジットカード会社では入会時だけでなく、入会後も定期的に顧客の与信の確認を実施しています。もちろんその中には信用情報の参照もあります。もしその中で債務整理による事故情報が確認されれば、それ以降カードは使えなくなるのが一般的です。

この与信情報の確認はカード会社によってまちまちで、中には数か月に1度くらいのペースで行っているところもあります。しかし数年にわたってチェックをしないカード会社も一方ではあります。ですからいつカードが使えなくなるかは、カードによって変わってくるのです。ただしカードの満期が来て更新する際には、どこでも信用情報を確認するのでその時点でほぼ確実にカードは使えなくなるでしょう。

コメントは受け付けていません。