債務整理をした後でサラ金からはお金を借りない

債務整理をした後、信用情報に事故情報が載るので新規借り入れはできなくなります。しかしサラ金の中には「ブラックでもOK」としているところもありますのでつい手が出てしまうかもしれません。

債務整理をした場合、事故情報が信用情報に登録されます。こうなると、ほとんどのカードローン・キャッシングの審査に引っかかって新規の借り入れはできなくなります。クレジットカードも使えなくなりますので、当面はすべて現金決済で生活することになるでしょう。自分の収支を理解したうえで、無理のない生活費のやりくりを心がけることです。

ほとんどのカードローン・キャッシングは事故情報が登録されている人相手に融資を行うことはありません。しかし中には「ブラックの方歓迎」のような広告を打っているサラ金業者も見られます。お金に困ってしまうと、ついこのような業者で借り入れしたいと思うかもしれません。しかしこの手のサラ金業者は、大半がヤミ金のような悪徳な商売をしているところと思ったほうがいいでしょう。

ブラックリストに載っている人に対して融資をすれば、貸したお金を回収できない公算の高いことはだれの目にも明らかです。そのような人に対して「お金を貸します」といえば、何か裏があると思うべきです。

お金に困って切羽詰まった状態になると、このような冷静な判断ができなくなります。「このような私にお金を貸してくれる救世主のような業者」と思ってしまう人もいるようです。債務整理をしたのであれば、まず他からお金は借りられないと思いましょう。そして無駄遣いをせずにいざという時のために貯蓄をするような生活を心がけることが大事です。お金の使い方について債務整理を機に見直しませんか?

コメントは受け付けていません。