司法書士に債務整理の依頼をすると失敗することも

債務整理は弁護士もしくは司法書士に手続きの依頼をするのが一般的です。しかし司法書士に依頼して失敗するケースもありますので注意しましょう。

借金問題が自分で解決できないようであれば、弁護士や司法書士に相談して債務整理の依頼をすることが可能です。弁護士も司法書士も、借金問題を専門的に受け付けている事務所が日本全国にあります。もし自分の返済能力を超えているようであれば、早めに相談して債務整理の本格的な手続きを進めたほうがいいでしょう。

司法書士の方の中にも、過去多数の債務整理の案件を担当してきた実績豊富な人もいます。ただし司法書士に債務整理を依頼した結果、失敗してしまうこともありますので注意しましょう。弁護士の場合はどのような事案でも債務整理の担当ができます。一方司法書士の場合、担当できるケースが限定されているのです。

司法書士の代理権は借金の総額が140万円以下の場合に限られます。もしこれを超えるような債務を抱えている場合には、司法書士に依頼しても手続きをお願いできません。厳密にいえば、債務手続きに関する書類などの作成はお願いできます。しかし代理人として手続きをするには、別に弁護士をどこかから準備しなければなりません。つまり二度手間になってしまうのです。ですからまず自分の借金総額がいくらになるのか確認して、司法書士に依頼できるかどうかをチェックしましょう。

もしそれなりの借金を抱えているのであれば、弁護士に最初から依頼したほうがいいでしょう。過払い金の返還請求は司法書士も担当できます。しかしこちらも一緒で、140万円を超える過払い金請求をする場合には弁護士に代理人依頼しなければなりません。

コメントは受け付けていません。