債務整理をした場合、生命保険は解約する必要がある?

自分にもしもの場合が起こった時のために生命保険に加入している人もいるでしょう。ところで債務整理をした場合、生命保険は解約しなければならないのでしょうか?

家族を抱えている人は特にそうでしょうが、自分にもしものことがあっても家族が路頭に迷わないように生命保険に加入しているケースも多いでしょう。しかしその後お金のやりくりが難しくなって借金がかさみ、債務整理せざるを得なくなることもあるでしょう。このとき生命保険も解約しなければならないのではないかと思っている人も多いでしょう。結論から言うと、生命保険を解約しなくていい場合もあれば、せざるを得ない場合もあります。どの方法で債務整理するのか、どのタイプの生命保険に加入しているかによって変わります。

生命保険には掛け捨て型と積立型があります。後者の場合、一定期間加入し続けると解約したときに返戻金といってそれまで積み立ててきたお金が返されます。この場合、もしかすると生命保険を解約しなければならない事態も想定できます。

解約しなければならないのは、積立型に加入している方で自己破産による債務整理を希望する場合です。自己破産では、自分の財産は身の回りのもの以外はすべて債権者に渡さないといけません。積立型の生命保険で、返戻金が20万円を超える場合、これも債権者側に還元する必要があります。そうなると裁判所のほうで「すぐに生命保険を解約するように」といわれる可能性があります。

ただし20万円を超える返戻金があれば、いつでも解約を命じられるわけではありません。生命保険の解約が心配であれば、弁護士や司法書士のような専門家に一度相談してみることです。

コメントは受け付けていません。