借金滞納で訴訟沙汰に…債務整理はできるの?

借金を滞納して訴訟を起こされている人も中にはいるかもしれません。その場合でも債務整理の手続きを進められるかについて見ていきます。

借金を滞納すると、催促や督促状などが届くようになります。そしてそれでも無視し続けると、訴訟を債権者側から起こされる可能性があります。このような状況になる前に、できることなら債権者側に接触するとか、債務整理の手続きを進めた方がいいでしょう。しかしもし訴訟を起こされた場合、そこから債務整理の手続きをすることはできるでしょうか?結論から言うと、訴訟を引き起こされた後でも債務整理を進めることができます。

実際の事例を見てみると、任意整理によって借金問題を解決できた実績もあります。訴訟を起こされるような最悪の状態になっても、債権者側は任意整理の交渉のテーブルについてくれることもあります。債権者側としてみれば、とにかく貸したお金を返してくれればいいのです。債務者側が「この条件で返済したいのですが」という話を持ち掛けてきた場合、それに対応してくれる可能性は高いです。しかも基本的に訴訟のあるなし関係なく、任意整理の条件はほとんど一緒です。和解後の返済は利息ゼロで返済を進めることも十分可能です。

訴訟を起こされて、そのまま裁判となると債務者側にとってメリットはありません。借金の残金の一括払いと遅延損害金、また訴訟費用を債務者側が負担しなければならなくなります。そのように考えると債務整理を進めるべきです。訴訟が起きるともはや無理と思っている人も多いでしょう。しかし弁護士や司法書士に相談すれば、債務整理の手続きを進めてくれるはずです。

コメントは受け付けていません。