債務整理の際の積立金とは?

債務整理の中でも、任意整理や個人再生の場合は、手続き後にきちんと返済し続けられるよう、積立金を要求される場合があります。

弁護士に依頼して債務整理をしようとすると、手続きが終了するまでの間、月々数万円程度の積立金をするように言われる場合があります。債務整理には任意整理や個人再生、自己破産などの方法がありますが、積立金はこれら中でも任意整理と個人再生を選択した場合に要求されるものです。

このような積立金は、債務整理が終了した後にきちんと返済し続けられるように予行演習しておくという狙いがあります。自己破産であれば手続きが終われば借金を返済する義務は一切なくなりますが、任意整理や個人再生の場合は、金額が減ることはありますが、その後もきちんと返済しなければならないことが多くあります。額がかなり減ったという場合でも、手続きが終わって急に支払いをスタートさせれば、どうしてもやり繰りできなくなってしまうということが考えられ、そのような負担が急に来ることのないように、積立金を作っておくのです。

このようにして積み立てられたお金は、たいていは弁護士費用の一部として使われることになります。債務整理後の返済に加えて、決して安いとはいえない弁護士費用まで工面するのは借金に苦労していた人にとっては並大抵のことではありません。これは、弁護士費用を分割払いにしたとして、その額を積立金とすれば効率的に支払いができるということでもあり、もしも残額が出れば、借金の返済に充てることも可能です。また、個人再生の場合は、選任された再生委員へ支払う報酬に充てられます。

コメントは受け付けていません。