債務整理とは借金を整理すること

債務整理とは任意整理、特定調停、個人再生、自己破産など4つの方法のいずれかで借金を整理することで、それぞれにメリットとデメリットがあります。

債務整理とは、読んで字のごとく債務(借金)を整理することです。借金は、一度作ると返せなくなって次の借金をしなければならなくなるなど、場合によってはいくつも抱えてしまうことがあり、これらを整理するのが債務整理なのです。債務整理には、任意整理や特定調停、そして個人再生や自己破産という4つの手段があり、特定調停以外は、一般的には弁護士に依頼して実行することになります。また、もしも過払い金があればその分を返済に充てることで完済できる場合もあります。

一つ目の任意整理とは、裁判所などを介すことなく、借金をした人と貸した人同士が任意で借金を整理すべく交渉することです。法定金利に引き直して利息を少なくしたり返済期間を延ばすなどして、借金が完済されるよう目指します。二つ目の特定調停は、返済に困った債権者が簡易裁判所に申し立てて条件を変更してもらうことです。ただし、その後の返済期間は3年と定められているので、その間に返済できるだけの収入があることが必要です。三つ目の個人再生は、裁判所を通して債務整理をする方法で、認められれば最大で5分の1程度にまで借金を減らすことが可能で、特定調停よりも多額の借金を整理することができます。最後の自己破産は、裁判所で返済が不可能であると認められることで借金をゼロにすることです。返済義務は一切なくなりますが、20万円以上の財産を持つことは許されず、その後は一定期間の借り入れが難しくなります。

コメントは受け付けていません。