債務整理と任意整理はどこが違う?

債務整理と任意整理は混同されることがありますが、後者は債務整理の1種です。借金の返済に困ったら、まずは弁護士に相談して任意整理を検討しましょう。

任意整理とはいくつかある債務整理の方法の一つですが、違いが良くわからないという人は多いのではないでしょうか。最初は当面の生活費のためにと行った借り入れも、次第に決められた期限までに返済できなくなることが増えると、返済するために他から借り入れを行うなどしていつの間にか借金が膨れ上がることがあります。そして、とても自力で全ての借金を返済することができなくなった場合、債務整理のいずれかの方法で借金を整理することになります。借金を整理することで、残りの借金が少なくなったり、場合によっては払い過ぎていた分のお金が戻ってくることもあるので、実行する価値は十二分にあるといえるでしょう。

債務整理には任意整理の他に、特定調停や個人再生、自己破産という方法があります。返済がまったく不可能な状態であると裁判所の手続きで認められた場合には自己破産する他なくなり、以後の生活や財産を持つことなどに制限が加わる代わりに、それまでの借金をゼロ円にすることができます。しかし、自己破産は最後の手段ともいうべき方法です。このままいけば間違いなく破産するしかないだろうと思われる場合でも、収入の見込みのある人には裁判所を通して特定調停や個人再生をし、財産を保持しながらその後の返済計画を立て直していくことになります。4つの内、任意整理だけは裁判所を通さず弁護士に相談して当事者間で問題解決をしますが、結果的に借金が大幅に減額することもあるので、まずはこの方法で解決するよう善処するのがベストです。

コメントは受け付けていません。