債務整理をした後にローンは組める?

債務整理をすると事故情報として信用機関に登録されるので、一定期間はローンを組んだりクレジットカードを作成することは難しくなります。

それまで借金の取り立てに苦しんでいたという人にとっては、債務整理の後には弁護士がすべての窓口となってくれるので一安心できるようになります。また、裁判で自己破産が認められれば借金を返済する義務は一切なくなります。しかし、債務整理をするということは、その後の生活にさまざまな制約が出てくることにもなります。

大きな買い物でもお金を貯めてから購入するという人もいますが、クレジットカードやローンなどは上手に利用すれば希望のものを早く手にできるなど多くのメリットがあります。しかし、債務整理をした後の一定期間は、一般的にクレジットカードを作ったり、マイホームやマイカーのローンを組んだりといったことができなくなります。それは、債務整理をしたという事実が一定期間、信用情報に登録されるからです。クレジットカードやローンを申し込むと審査がありますが、この信用情報を照会するので返済能力がないと判断されてしまうわけです。

では、どのくらい経過すればクレジットカードが作ったりローンを組めるのかというと、信用情報機関によってその期間は異なります。信用情報が登録される機関は3つあり、株式会社シー・アイ・シー(CIC)や株式会社日本信用情報機構(JICC)5年間、株式会社日本信用情報機構(JICC)では510年というのが目安となります。また、過去に債務整理の対象となった金融機関や債権者以外の企業を選ぶと審査が通りやすくなります。

コメントは受け付けていません。