借金は踏み倒しができるの?!

借金は実は踏み倒すことができます。それには、定められた時効を経過し、その間に返済を一切しておらず、時効が成立した時点でそれを告げることが必要です。

借りたものは返すのが当たり前ですが、どうしても返す能力がないと認められれば債務整理の一つである、自己破産の手続きを取って借金を帳消しにすることができます。しかし、実は、これとは別の方法で借金は踏み倒しすることもできます。といっても、一般的に想像するのが容易なように、借金の踏み倒しはそう簡単にできることではありません。

借金を踏み倒すには3つの条件があります。一つ目は、借金の返済において定められている時効を経過することです。時効の期間は、金融会社なら5年、信用金庫や信用組合、保証協会などなら10年と定められています。また、その間に、債権者が裁判を起こしたり、内容証明郵便などで送られてくる督促状を受け取ったり、財産を差し押さえられたりすれば時効の期間は延長されることになります。そして二つ目には、時効が成立するまでの間に1円も返済していないことです。1円でも返済すれば、その借金は自分のものと認めることになり、これもまた時効の延長となります。債権者のほとんどが、千円でも良いからとりあえず返済するようにと言うのは、踏み倒しを防止するためだったのです。そして三つ目には、時効が成立した時に、内容証明郵便などで債権者に借金を支払わない旨を告げる必要があります。

しかし、借金を踏み倒すと、以降の生活には大きな支障が出てきます。その事実は個人信用情報に登録されて一生消えることはなく、クレジットカードを作ることもローンを組むこともできなくなってしまうのです。

コメントは受け付けていません。