債務整理をして借金を完全に返済した後はどうなる?

債務整理をして残りの借金を完済した後も、ブラックリストに載っているのでローンやクレジットカードの審査に通らず、さまざまな制約を受けることになります。

債務整理をして残りの借金をすべて返済し終わると、ようやく元通りの生活をスタートさせることができます。しかし、数年の間はさまざまな制約があるので完全に元の状態に戻れたわけではなく、5年間は信用情報機関のブラックリストに記録されるので借入などはできなくなります。だからといって、違法な業者に手を出すことだけは絶対にやめなければなりません。

ブラックリストに載るのは、債務整理を開始した時からです。しかし、その間に滞納したりすれば振り出しに戻る場合もあるので、完済間近になって滞納でもすれば、そこから5年の間ブラックリストに載る場合もあります。任意整理であれば、原則として3年以内に完済しなければならないので、完済した後は最低2年間ブラックリストに載っているということになります。

ブラックリストに載っている間は、ローンやクレジットカードの審査には通りません。支払いはすべて現金か審査のないデビットカードということになるでしょう。当然、高額な買い物は避けた方が賢明です。何故なら、生活していれば予想外に急な出費があるからです。例えば、友人が結婚することになり御祝儀に5万円必要になるといった具合です。また、クレジットカードが作れないとなると、ネットのプロバイダー料金や保険なども年額を一括払いしなければならなくなります。さらに、ETCカードの契約が不可能なので、高速道路を走る時には割高な料金を支払わなければならないといったこともあります。

コメントは受け付けていません。