債務整理は面談なしでも可能?

任意整理を面談なして済ませたいと考える人は少なくありませんが、そこにはデメリットもあります。面談の上、しっかりとその後の生活を立て直しましょう。

積もりに積もった借金がどうしても返済できなくなった時、弁護士に相談して債務整理をするという方法があります。この時、ただでさえ借金をしているという後ろめたさから、どうにかして面談なしに済ませたいと考える人は少なくありません。しかし、弁護士が債務整理事件を引き受ける際には、依頼者と直接面談をすることが日弁連(日本弁護士連合会)の規定で定められています。面談なしで引き受けてくれる事務所がないわけではありませんし、それによって処罰が設けられているわけでもありませんが、直接面談はやはり必要だといって良いでしょう。

もしも面談なしで弁護士に債務整理を依頼すると、さまざまなデメリットが発生する恐れもあるので注意が必要です。例えば、手続き上に必要な説明が受けられず、逆に被害にあうことさえあるのです。実は、日弁連の規定に面談をすることが必須と設けられたのは、面談なしで行って依頼者が被害を受けた事実があったからです。任意整理の手続きが終了すると、借金がゼロになったり過払い金が発生することもありますが、減額されるものの借金が残る場合もあります。これを返済していくのには、限度額などしっかりと協議しなければならない点がいくつもあるのです。また、任意整理をすることで被るデメリットもあり、事前にしっかりと説明を受けていないと、こんなはずではなかったという状況になることも十分に考えられます。やはり、面談した上で説明を聞き、手続き後の生活をしっかり組み立てていく必要があるでしょう。

コメントは受け付けていません。