債務整理の相談は役所でもしてもらえる

債務整理の相談は、弁護士だけではなく役所でも行っています。ただし、お金はかからないものの、そこですべてが解決するわけではありません。

借金の返済にいよいよ困った時には、弁護士事務所や司法書士事務所に相談するのが一般的な考えといえます。といっても、これらはやや敷居が高いと感じる人は多く、つい相談が先延ばしになってしまうこともよくあります。しかし、その間にも利息は日を追うごとに増えて行ってしまうことに注意しなければなりません。借金の相談窓口は他にもあるので、自分が行きやすいところに1日でも早く相談して、早期に解決するようにしましょう。

借金に困ったら、市役所、区役所の法律相談窓口や法テラス(日本司法支援センター)などに相談するという方法もあります。ただし、それぞれにメリットとデメリットがあるので、自分に合うところを選びましょう。例えば、市役所や区役所の窓口は敷居が低いと感じる人が多いものですが、担当者に必ずしも事情に詳しい人が当たるわけではありません。また、詳しい人に当たった場合でも、その場で債務整理を依頼できるわけでもないのです。また、たいていは1回の相談時間が30分以内と決められています。ここでは、どのようにしたら債務整理ができるかの流れを聞くつもりで行くと良いでしょう。また、法テラスは相談無料で弁護士費用も立て替えてもらえる場合がありますが、審査に必要な書類を揃える手間がかかったり、決定に時間がかかることからその間の督促が自宅に来てしまいます。法テラスは、お金に余裕がなく、緊急を要していない場合に利用するのがおすすめです。

コメントは受け付けていません。