夫や嫁にバレずに債務整理することは可能?

債務整理には4つあり、任意整理であれば夫や嫁に知られずに行えます。しかし、任意整理を受けるには条件があり、適用されない場合にはバレることがあります。

結婚しようとしている時に、返済している借金があれば言わなければと迷うものですが、結婚後に債務整理するとなると、できれば夫や嫁には内緒で出来ないものかと迷うのではないでしょうか。もしもバレれば、愛想を尽かされて離婚という事態に陥ることが考えられる人も少なくないことでしょう。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

しかし、債務整理の中には夫や嫁にも知られずに実行することが可能なものもあるので、過度に心配する必要はありません。債務整理には、自己破産と任意整理、個人再生、そして特定調停などの方法がありますが、この内、任意整理だけは裁判所を介さずに債権者と直接交渉するので、夫や嫁にバレる心配がないのです。しかし、万が一、その他の方法しか適用されないとなると、裁判所から自宅に通知が行くので残念ながらバレる可能性はあります。

債務整理をする際には、まずは任意整理が適用されるかを検討することになります。任意整理とは、借金の引き直し計算をした残額を、3年以内に返済できるだけの収入の見込みがある人にのみ適用される方法です。もしも金額が多すぎて3年以内では返済不可能という結論に至れば個人再生が適用され、まったく収入がない場合には自己破産するしかありません。また、特定調停は基本的に任意整理と同じですが、こちらも裁判所を通すのでバレる可能性があります。しかし、もしも任意整理中に交渉がもつれて債権者が裁判を起こしたとなると、裁判所から届く通知でバレることがあります。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

コメントは受け付けていません。