債務整理で考えられるデメリットとは

債務整理をすると借金が減額されるなど多くのメリットがありますが、さまざまなデメリットを伴うブラックリストに載ることを忘れてはいけません。

債務整理をすると、借金の取り立てに追われることがなくなるばかりか、借金が少なくなったり場合によってはゼロ円、もしくは過払い金が返ってくることすらあります。返済しても元金が一向に減ることがなく、その先に生活の破たんが見込まれるようなら、一刻も早く債務整理を行いましょう。きっと身も心も軽くなって、新しい人生をスタートさせることができるはずです。

しかし、債務整理はメリットばかりではないことも知っておく必要があります。考えられるデメリットをあらかじめ知っておくことは非常に重要なことといえるでしょう。まず、債務整理を行ったという事実は、信用情報機関に登録されるので、いわゆるブラックリスト入りするということを肝に銘じておかなくてはなりません。債務整理後の借金をすべて返し終えた後も、信用情報機関の記録が消えるまではローンを組んだりクレジットカードを作成するのはほとんど不可能に近いです。これらはよく知られている事柄なので、住宅などは購入しないし支払いは現金で十分と思うかもしれませんが、デメリットは他にもあります。賃貸に入居する際に、保証会社と契約しなくてはならないところであればやはり審査は難しくなりますし、スマホや携帯の割賦払いも難しいといって良いでしょう。ブラックリストに載るということは、意外なところに落とし穴があると思った方が良いのです。借金に苦しんできた人にとっては救いの神のような債務整理も、マイナス面があるのが事実です。

コメントは受け付けていません。