債務整理後にローンを組むのは難しい?

債務整理後は、一定期間残る信用情報機関の記録が消えればローンは組むことが可能です。債権者の関連企業は避け、関係のないところで組みましょう。

債務整理をすると借金が減額されたり、場合によっては払い過ぎた分が戻ってくることもあります。しかし、債務整理をしたという事実は信用情報機関に事故情報として記録されるため、その後は一定期間、マイホームローンなどが組めなくなってしまいます。

信用情報機関に記録が残るのは、5年~10年程度です。その後は通常なら普通どおりにマイホームローンも組めるようになるのですが、慎重に事を進める必要があります。万が一、ぎりぎりのところで記録が残っていた場合にはローンの審査が通らなくなり、通らなかったという事実が記録されてしまうからです。こうなると、他のローン会社の審査にも通らなくなる可能性が出てくるので注意が必要です。債務整理後、一定期間を経てローンを組む時には、事前に自分の個人信用情報をチェックしておくのがおすすめです。信用情報機関はいくつかありますが、直接窓口に行く他、電話や郵送、ネットなどでも情報開示を求めることができます。

また、ローンを組む時には、債務整理の対象となった金融機関やそのグループ企業は避けるようにしましょう。債務整理をした後は、まったく関係のない金融機関に少しずつ貯蓄するようにし、その銀行を通してローンを組むというのも一つの方法です。ローンで審査対象となるのは、過去の事故情報ばかりではありません。収入状況や勤続年数などに問題がないことも重要なので、債務整理後にスムーズにローンを組むのはそれほど難しいことではないのです。

コメントは受け付けていません。