グランシャリオツアーズが債務整理に至った経緯とは

グランシャリオツアーズは他社商品を販売する旅行会社でしたが、震災を機にキャンセルが相次ぎ、返金不能に陥り債務整理せざるを得ませんでした。

旅行代金は前払いするのが普通ですが、多額の代金を支払った後に旅行会社が債務整理などすれば代金が戻ってこないことも考えられます。例えば、グランシャリオツアーズは他社の国内・海外企画商品を販売する旅行会社として運営されていましたが、東日本大震災を機に経営が立ち行かなくなり、債務整理するに至りました。履行されなかった旅行の代金のほとんどは返金されましたが、延滞したり、人によってはまったく戻ってこなかったのだといいます。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

グランシャリオツアーズの経営は、東日本大震災前までは特に問題がなかったといわれています。しかし、震災の影響で多くの申込者がキャンセルをしたため、返金しなくてはならない額が膨れ上がってしまいました。旅行代金は、出発日からさかのぼって21日目に当たる日までにキャンセルをすれば全額が戻ってくることが決められている他、東日本大震災のような天災があった場合や官公署から命令が出された場合なども、キャンセル料を支払わずに契約の解除をすることが認められています。

グランシャリオツアーズも、震災後に相次いだキャンセルの影響で、キャンセル料ゼロ円という厳しい全額返金に応じなければならなかったわけです。グランシャリオツアーズは返金時期の延期を求めるなどして対応するも、ついに債務整理せざるを得なくなりました。通常は全国旅行業協会の弁済保障が行われるのですが、他社商品を扱う場合には適用されず、結局は返金されなかったという人もいたのです。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

コメントは受け付けていません。