任意整理の際には在籍確認をされるのか

安定した収入のある方が利用できる任意整理を行う場合、依頼する弁護士事務所等によっては在籍確認をされることがあります。しかし、例えされなくても月々どれくらいなら返還できるのか相談することが大切です。

任意整理は、安定した収入を持っている方でないと、利用しにくい債務整理の方法です。なぜなら、任意整理というのは、あくまでも過払い金や利息を整理して、今よりも返済をしやすい環境を整えるという方法なので、返還義務が残るからです。そのため、今のままだと返済は苦しいけれど、将来的にはしっかりと返済したいと考えているという方によく利用される債務整理の方法です。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

しかし、安定した収入が条件となると、お金を借りるときのように、在籍確認をされるのかというのが気になるところです。在籍確認というのは、お金を借りる審査をするときに、本当にその住所に住んでいるのか、本当にその仕事場に勤めているのか確認されることをいいます。在籍確認が必要な理由は、きちんとお金を返してもらうことができるのか、判断をするためです。

任意整理を申し込みたいときに在籍確認をされるのかについては、依頼する弁護士事務所や司法書士事務所によって異なります。ただし、自分にとって苦しくない返済をするためには、「今、どのような収入があって、月々どれくらいだったら返していけそう」ということについて弁護士や司法書士と話すことが重要です。そのため、本当はその会社に勤めていないのに、見栄を張ってしまうと、ただ自分が苦しくなってしまうだけでなく、弁護士や司法書士との信頼関係を築くことができません。したがって、在籍確認を例えされなかったとしても、自分にとって有利な方向に話を進めていくためには、すべて明かしておくことが必要です。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

コメントは受け付けていません。