債務整理のパターン

債務整理の方法として、主に3つのパターンがあります。それが、任意整理と個人再生、自己破産です。一口に債務整理といっても、それぞれ内容が異なります。

債務整理の方法として、3つのパターンがあります。1つ目は、任意整理です。任意整理とは、裁判所を通さずに弁護士や司法書士に依頼して、債権者と交渉して行う債務整理のことです。過払い金や利息を整理することによって、今後返還していく金額を減らすことができます。借金を支払う必要があるため、返還能力があることが前提となりますが、裁判所への申し立てを行わなくて良いので、債務整理した人として官報に記載されることがありません。ただし、ブラックリストには名前が載るので、5年から7年はクレジットカードを利用できなかったり、新たにローンを組めなかったりします。

2つ目は、個人再生です。個人再生も、任意整理と同様に、借金を変換する義務が残りますが、整理されるので、任意整理よりも少ない金額を支払えばよい場合もあります。裁判所への申し立てをすることによってできる債務整理なので、強制執行の手続きを止めることができます。ただし、裁判所の判断によってすべて実行されていくので、ブラックリストに名前が記載されるだけでなく、官報にも名前が載ります。

3つ目は、自己破産です。借金の債務整理の最終手段ともいわれている方法です。自己破産は、裁判所に申し立てを行い、認められることによって行うことができる債務整理の方法です。自己破産をしたら、借金の返還義務はなくなります。借金の返還義務がなくなるので、強制執行手続きも止めることができます。借金を返還しなくてよくなる分、ブラックリストにも名前が載りますし、官報にも名前が載ります。さらに、資産がある場合には、それを手離さなければならなくなります。

コメントは受け付けていません。