債務整理をすると前科者のように扱われるのか

例え債務整理をしたとしても、前科者のように再就職が不利になってしまうようなことはありません。しかし、銀行からお金を借りられなくなってしまいます。

債務整理をすると、どんなことができなくなってしまうのか気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。前科者のように扱われるようになるのであれば、債務整理をしたくないという場合もあるでしょう。債務整理は、自分の財産についての取り扱いに関することになります。そのため、他人の貯蓄がどれくらいあるのか分からないように、債務整理をしたかどうかについては、他人に知られることはありません。したがって、前科者のように扱われることもありません。

前科者のような扱いといえば、就職するのに不利ということがあります。就職する際に、自ら前科者であるということを伝える義務はありませんが、もしそれがバレてしまった場合には、採用が難しいとされてしまう場合があります。さらに、禁固以上の刑に処されたまたは執行猶予中であるという場合、公務員試験については受験すらできません。

債務整理をすると、前科者のような扱いをされることはありませんが、いわゆるブラックリストと呼ばれている信用情報機関に名前が登録されることになります。ここに名前が登録されると、お金を借りることができなくなってしまいますし、ローンも組めなくなってしまいます。ただし、このブラックリストに名前が記載されるのも、5年から10年だといわれているので、その間だけ銀行からお金を借りれません。したがって、例え債務整理をしたとしても、銀行からお金を借りることができないこと以外は、生活が変わってしまうということはないのです。

コメントは受け付けていません。