債務整理をしたい場合、どこに相談すればよいのか

債務整理をしたい場合、司法書士や弁護士に相談をすることになります。債務整理の種類によっては、その選任を指示されることがあります。

今のままでは借金を返還できないという場合、債務整理をするという方法があります。債務整理を行う場合には、司法書士や弁護士に相談をする必要があります。中でも、個人再生や自己破産のように裁判所に申し立てを行って債務整理を行う場合、内容によっては司法書士や弁護士の選任を指示されることがあります。

また、裁判所に申し立てを行わなくて良い任意整理の場合、司法書士や弁護士を選任しなければならない義務はありませんが、任意整理を行う場合には、債権者へ過払い金請求などの交渉を行わなければなりません。債務者が債権者へ直接交渉を行っても、債務者の希望通りになる可能性が少ないため、司法書士や弁護士に依頼することによって、交渉をスムーズに進めてもらうことができます。

そうはいっても、いきなり事務所を訪れて相談をするのは気が引けるという方もいらっしゃるでしょう。そういった場合には、司法書士や弁護士の無料相談会を利用するのがおすすめです。無料相談会では、相談する時間が30分や1時間など、制限時間が決められていますが、無料であらかたの相談に乗ってもらえます。そのため、債務整理をした方が良いのかどうかについても、そこでアドバイスをしてもらうことができます。司法書士や弁護士の無料相談会は、自治体で実施されているものもありますし、事務所独自で実施されているものもあります。多くの場合は予約が必要になるので、まずは無料相談会の日程を調べて、予約をしてみましょう。

コメントは受け付けていません。