任意整理を弁護士に依頼したどれくらいのお金がかかるのか

弁護士費用として、相談料、着手金、成功報酬、減額報酬の4つを合わせた金額がかかります。しかし、分割が可能である事務所が多いことから、弁護士費用で苦しめられることはほぼありません。

債務整理のひとつである任意整理をしようかと考えているけれど、弁護士の費用が気になって踏み出せないでいるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。任意整理を行う場合、日本弁護士連合会の債務整理事件処理の規律を定める規程によって、その相場があらかた決まっているので、事務所によって金額が大きく違うということはほとんどありません。

まず、初めにかかる料金として、相談料があります。これは、弁護士に依頼をするための相談の料金です。相談料は無料としている事務所も多いので、相談料はそんなに高く設定してない事務所が多いです。次に、着手金です。着手金とは、依頼が成功したかどうかに関わらず、依頼をする契約を締結したときに発生する料金です。債権者1社あたり3万円から5万円の料金の事務所が多いです。

それから、成功報酬です。依頼した通りの任意整理を行ってもらうことができたら払う報酬です。債務整理事件処理の規律を定める規程によって、原則12万円以下と決まっています。着手金が高い事務所においては、この成功報酬が0円のところもあります。そして、減額報酬です。減額報酬とは、減額することができた金額によって発生する料金です。債務整理事件処理の規律を定める規程によって、任意整理の減額報酬の上限は10%までと決められているので、30万円減額できたら、3万円以下までしか減額報酬の料金として設定できません。

また、任意整理は借金を返すのが苦しくなった方が利用する制度です。そのため、報酬の支払いについては分割でOKとしている事務所が多いので、弁護士費用で苦しめられるということはほぼありません。

コメントは受け付けていません。