債務整理をしている段階ではパスポートを取得できないのか

債務整理をしている間でも、パスポートを取得することができます。しかし、それを使って海外旅行に行くのは、債権者や弁護士からすると印象が良くありません。

債務整理とは、今のままでは返還することができない借金について、減額をしたり免除をしたりすることをいいます。そのため、債務整理をしている最中は、何かと制限がかかってしまうのではないかと想像してしまうところです。そのため、パスポートを取得して海外旅行に行ってはいけないのではないかと思ってしまう方もいらっしゃるでしょう。しかし、例え債務整理中であったとしても、パスポートを取得することは何ら問題ないですし、そのパスポートを使って海外旅行に行くこともできます。

しかし、債権者や自分の代わりとなって債権者と交渉をしてくれている弁護士にそれがバレると、印象が良くありません。パスポートの取得は問題ないですが、海外旅行がバレると、「旅行に行くお金の余裕があるなら借金の返済に充てればいいのに」と思われてしまい、交渉が決裂してしまう恐れがあります。特に、任意整理の場合には、任意での債務整理なので、即交渉が決裂してしまうこともあります。したがって、海外旅行に行ってはいけないわけではありませんが、なるべく娯楽等は控えた方が良いです。

また、自己破産の債務整理を行っている場合には、パスポートの取得は問題ありませんが、海外旅行に行くのは制限されます。なぜなら、手続きの途中であるときは、裁判所の許可が必要になるからです。自己破産の手続きが終われば、問題なく旅行にも行けますし、手続きの途中でも裁判所に申請を行い、許可が出ればパスポートを使って旅行に行けます。

コメントは受け付けていません。