任意整理をしていてもプロミスから借りられるのか

論理的には、任意整理をした後でも、信用情報機関に記載された名前が削除され次第、プロミスでお金を借りることができます。しかし、プロミス社内の記録によっては、借りることができない場合もあります。

任意整理とは、借金を減額したり過払い金を整理したりする債務整理のことです。裁判所に申し立てることなくできるので、安定した収入を持っている人はまず任意整理を行うという場合が多いです。そんな任意整理を行うと、信用情報機関に名前が登録されることになります。そのため、銀行などの金融機関ではお金を借りられなくなります。したがって、プロミスでも、任意整理を行った後ではお金を借りることができません。ただし、登録された名前が削除された後では、借りることができるようになります。

では、以前プロミスでお金を借りていて、それを任意整理した場合はどうでしょうか。原理的には、信用情報機関の名前が削除され次第、プロミスで借りることができるようになります。しかし、プロミスで借りたお金を債務整理したという情報は、プロミス社内での記録に残り続ける可能性が高いです。そのため、例え信用情報機関の名前が削除されたとしても、プロミスでお金を借りることができない場合があります。

ただし、任意整理の場合は、借金をまったく返還しないわけではなく、借金の額を減らして返還するものなので、信用情報機関の名前が削除され次第、プロミスでお金を借りることができる可能性が残っています。任意整理後の返還が滞っていなければ、希望借入金額に届かない額での借り入れかもしれませんが、貸してもらえる場合もあります。しかし、自己破産のような場合は、借金を踏み倒すような債務整理なので、一切貸してもらえなくなることがあります。

コメントは受け付けていません。