ポケットバンクで借りたお金を債務整理できるのか

ポケットバンクは、2010年にプロミスに合併された信販会社です。ポケットバンクの債権のすべてはプロミスが持っているので、プロミスに申し立てを行うことによって、債務整理ができます。

ポケットバンクは、三洋信販のブランド名として、商標登録されています。しかし、2010年にプロミスに合併されて以降は、プロミスにすべて債権が移行されています。そのため、ポケットバンクでお金を借りていた人は、債務整理をすることができないのかと考えてしまうところです。しかし、過払い金が発生している状態など、任意整理をすることができる場合にあるときは、プロミスに対して請求を行うことによって、ポケットバンクで借りたものであったとしても、債務整理を行うことができます。

本当にポケットバンクで借りたものを債務整理することができるのか、と心配してしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。それは、ポケットバンクが過去に、過払い金返還請求を抑制するために、取引開示を遅らせる等の行為を行って、業務停止を受けたことがあるからではないでしょうか。しかし今では、債務整理に対して、素早い対応を行うプロミスがポケットバンクの債権を持っているので、そのような心配をする必要はありません。

債務整理の中でも、過払い金を請求することによって行う債務整理については、なるべく早めに行った方が良いという性質があります。ポケットバンクの場合は、経営の安定しているプロミスに合併されたので、債務整理に素早く応じてもらうことができますが、経営状態が悪い会社である場合には、応じてもらえない場合があります。今はプロミスの経営がよくてもいつどうなるか分からないので、今のままでは返還が厳しいという場合には、弁護士や司法書士へすぐに相談しましょう。

コメントは受け付けていません。