債務整理のひとつ、過払い金返還請求とは

過払い金返還請求は、任意整理を行う際に使われる方法のひとつです。利息の払い過ぎによる過払い金と元本を相殺することによって、借金を減額することができます。

過払い金返還請求は、債務整理の中でも任意整理を行う際によく使われる方法のひとつです。任意整理を行う際、まずは過払い金がないかどうかチェックされます。過払い金というのは、払い過ぎた利息のことをいいます。

利息は、利息制限法によって、その上限が定められています。まず、元本が10万円未満である場合、その利息は年20パーセント以下でなければなりません。次に、元本が10万円以上100万円未満である場合、その利息は年18パーセント以下でなければなりません。そして、元本が100万円以上である場合、その利息は年15パーセント以下でなければなりません。これらの利息を超えて利息を支払っていた場合、それは過払い金となるので、債権者に対して返還請求をすることができます。

債務整理においては、過払い金とこれから返済しなければならない借金と相殺し、借金の額を減らすということが多くあります。どういうことかというと、例えば過払い金が50万円あって、借金が残り200万円である場合、200万円-50万円=150万円ということで、200万円の借金を150万円に減額する交渉を行うことができます。

ただし、2010年以降に借り入れをしたお金については、過払い金はほとんどないといわれています。なぜなら、グレーゾーン金利の完全撤廃が行われたからです。グレーゾーン金利とは、出資法の制限金利が29.2パーセントであったことから、行われた金利のことです。

コメントは受け付けていません。