債務整理後に重要な「5年」というキーワード

任意整理をした後、信用情報機関に名前が最低5年間記載されます。このことを、ブラックリストに名前が載るといいます。ブラックリストに名前が載っている期間は、金融機関からお金を借りることができません。

債務整理の中でも、任意整理を行った後、「5年」というキーワードが付いて回ります。どういうことかというと、任意整理をした後、5年間は確実にローンやクレジットカードを使うことができません。なぜかというと、債務整理を行うと、信用情報機関に金融事故者として名前が記載されるからです。この信用情報機関に金融事故者として名前が記載されることを、「ブラックリストに名前が載る」と表現されます。

この、信用情報機関の情報は、金融機関または本人であれば確認をすることができます。そのため、信用情報機関に金融事故者として名前が記載されている限り、どんな金融機関でもお金を借りることができなくなってしまいます。任意整理を行った後に記載される名前は、少なくとも5年間は削除されません。

また、信用情報機関には、JICCCIC、全銀協の3つがあり、それぞれによって取り扱いが異なります。JICCは任意整理の和解通知から5年間削除されません。CICは、任意整理の情報自体は登録されませんが、任意整理をする前に3ヶ月以上「延滞」をしたことがある場合、金融事故として名前が記載され、「完済をしてから」5年間は削除されません。全銀協は、任意整理をした後に保証会社から代位弁済をした場合に名前が記載され、「代位弁済をした日から」5年間は削除されません。したがって、それぞれの信用情報機関によって、名前が記載される期間が異なるので、注意が必要です。

コメントは受け付けていません。