任意整理の中でも過払い金返還請求はブラックリストに載らない

過払い金返還請求は、任意整理のひとつとされています。しかし、過払い金返還請求は、払いすぎてしまった利息を返してもらうだけなので、ブラックリストへの登録はされません。

任意整理を行うと、信用情報機関に名前が掲載されます。信用情報機関に名前が掲載されることを、いわゆる「ブラックリストに名前が載る」と表現されますが、任意整理といっても、すべての任意整理において名前が載るわけではありません。任意整理の中でも、過払い金返還請求については、ブラックリストに名前が載りません。なぜなら、過払い金返還請求とは、金融事故ではなく、正当な権利主張であるからです。

そもそも過払い金返還請求とは、利息を払いすぎてしまっている状態につき、請求することができる権利です。つまり、本来ならば払わなくて良かったお金を払っていて、それを返還してくださいと請求している権利なので、こちらにミスがあるわけではありません。そのため、過払い金返還請求を行っただけの任意整理では、ブラックリストに名前が載りません。任意整理でブラックリストに名前が載る場合というのは、元本や利息について額を減らしてもらった場合です。

また、信用情報機関によっては、過払い金返還請求以外の任意整理を行っても名前が載らないところもあります。なぜなら、任意整理というのは、あくまでも支払いの意思のある方が行う債務整理なので、借金自体の返済は行っているからです。しかし、任意整理を行っていなかったとしても、ブラックリストに名前が載る場合があります。それが、「延滞」をしている場合です。数ヶ月以上、借金の返済が滞ると、ブラックリストに名前が載ります。そのため、延滞をするくらいでしたら、早めに債務整理を行い、遅滞なく返済を行っていくということが大切です。

コメントは受け付けていません。