債務整理の相談は弁護士と司法書士のどちらにしたらよいのか

債務整理は、原則的に弁護士に依頼することになります。ただし、140万円以下の債務については、司法書士に依頼しても良いことになっています。

債務整理をしようと考えた場合、弁護士に相談した方が良いのか、司法書士に相談した方が良いのか、悩んでしまうところです。弁護士費用は高いからといって、安易に司法書士に相談したとしても、依頼を受けてもらうことができない場合もあります。したがって、どちらに相談した方が良いのかということは、債務整理の中身によって異なってきます。

まず原則的に、債務整理をしたい場合というのは、弁護士に相談することになります。任意整理の交渉や個人再生のための裁判所の手続き、自己破産のための手続きについて、弁護士はそのすべてを債務者の代理となってすることができるからです。また、弁護士であれば、債権者との交渉が決裂してしまい裁判になったとしても、そのまま同じ弁護士と一緒に法廷で争うことができるので、二度手間にもなりません。

そうなると、司法書士にお願いする場合はどんなときかと疑問に感じるところですが、司法書士は140万円以下の少額の債務に関する債務整理について、依頼を受けることができます。140万円以下の少額の債務に関しては、個人再生や自己破産などの裁判に発展することがほとんどないので、任意整理について司法書士に依頼することが多いです。また、140万円以下の少額の債務の場合、弁護士にお願いすると債務と同じくらいの費用がかかってしまう場合があります。例えば、債務が債権者330万円であった場合、着手金15万円であったとして、15万円かかり、そこに成功報酬と減額報酬がついてくることになります。そういったことからも、司法書士に依頼することが多くあります。

コメントは受け付けていません。