債務整理とオートローンの関係

自動車が必要という方が債務整理を行う場合、オートローンがネックになってしまうことがあります。債務整理の際にオートローンがあると車を没収されることもあります。

自動車が必要という方の場合、債務整理の際にオートローンがネックになることがあります。どういうことかというと、ネックになる理由として、2つの場合があります。

1つ目は、債務整理後にオートローンで自動車を購入する場合です。債務整理後は、基本的にローンを組むことができません。それは、オートローンも例外ではありません。そのため、債務整理後でどんなに自動車が必要になったとしても、一括でない限り自動車を購入できません。債務整理をしなければならない場合に、自動車の代金を一括で用意することはほぼできないと考えられるので、ほとんど自動車を購入できません。

2つ目は、債務整理を行う際に、オートローンが残っている場合です。債務整理を行う際、自動車の代金を支払うためのオートローンも借金の1つになるので、債務整理の対象となります。オートローンも債務整理してしまうと、自動車そのものも借金の弁済に充てる対象になるので、自動車が没収されてしまいます。しかし、オートローンを組んでいるということは、自動車が必要ということなので、自動車を手元に残すために、任意整理を行うことになります。

任意整理を行えば、オートローンを債務整理の対象から外すことができ、自動車を手元に残すことができます。しかし、その場合には、オートローンの債務整理をすることができないので、オートローン以外の債務整理を行ったとしても、毎月支払うオートローンが家計を圧迫し続けるということがあります。

コメントは受け付けていません。