債務整理をすると家族にどんな影響があるのか

例え債務整理を行ったとしても、これまでの生活を送ることができなくなってしまうわけではありません。生活に必要なものの没収はないので、家族との生活にも影響は出ません。

債務整理を行おうと考えたときに気になるのが、債務整理をしたら家族にどんな影響があるのかということです。債務整理をすると、家財道具を持っていかれるとか、家から追い出されてしまうとか耳にしたことがあるために、家族への影響を心配して中々債務整理に踏み切れないという方もいらっしゃることでしょう。しかし、例え債務整理を行ったとしても、家族へ大きな影響を与えてしまうことはほとんどありません。

債務整理をすると家を追い出されていたのは昔の話です。今は債務整理をしたことを理由に追い出すことはできなくなっているので、引き続き家賃を払うことができれば追い出されることはありません。また、持ち家についても任意整理を行えば、家を債務整理の対象から外すことができるので、住み続けることができます。

また、家財道具については、確かに債務整理をした後は没収されることがあります。しかし、生活に必要なものまで没収されてしまうわけではありません。暮らしに必要なものの家財道具や家電製品については没収が禁止されているので、テレビやパソコン等についても、高額なものでない限り没収をされることはありません。ただし、自動車については没収される可能性が高いので、自動車を没収されたくないという場合には、任意整理によって債務整理を行うことになります。

ただし、家族に影響が出る場合があります。それが、家族が借金の保証人になっている場合です。自己破産をして債務者の債務が免除されたとしても、保証人への請求を阻害するものではありません。そのため、保証人が借金を返済しなければならなくなってしまいます。

コメントは受け付けていません。