若いうちの債務整理は恥ずかしいことなのか

若いうちに債務整理を行うことは、マイナスなイメージがあるという方も多いところですが、むしろマイナス要素を最小限に留めることができます。

債務整理をしてしまうと、お金にだらしない人というイメージがつくので、自分でやれるところまでは、自分で頑張るという方も多いのではないでしょうか。特に、若いうちに債務整理をしてしまうと、余計にそんなイメージがついてしまうのを恐れて、中々債務整理に踏み切れないという方もいらっしゃるでしょう。実は、若いうちに債務整理をしてしまうというのは、恥ずかしいことではありません。むしろ、マイナス要素を最小限に留めることができるというのが、若いうちの債務整理です。

どういうことかというと、若いうちに債務整理を行うと、まだ立直せる要素というものが残ります。つまり、職を変えてより給料の高いところに就職することができる可能性も、若いうちの方があるということです。また、債務整理をした後にあるデメリットというのは、ローンを組めないというものです。これは、信用情報機関に名前が記載されてしまうためです。しかし、この信用情報機関に名前が記載されるのは、短くて5年、長くて10年前後です。

ローンを組む機会が多くなる年代というのは、30代から40代です。家を買ったり、子供の教育費だったりで、ローンを組むことになります。それを考えると、20代のうちに債務整理をしておけば、ローンを組むのが多くなる年代の頃には信用情報機関から名前も抹消され、適切にローンを組むことができるようになります。

また、若いうちに債務整理をしておくことによって、借金をしない生活の大事さについて身をもって学ぶことができます。債務整理をした後は、金融機関から借金のできない生活になるので、生活の立て直しをすることができます。

コメントは受け付けていません。